交通事故と頭痛の関係 | なごみ整骨院・整体院グループ

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

交通事故と頭痛の関係

2018/09/07 | カテゴリー:スタッフブログ, 交通事故お悩みコーナー

こんにちは!なごみグループの髙栁です。

今回は、交通事故に遭った後に、頭痛が出てきたり、頭が重だるいなどで悩まれている方が多くいらっしゃるので交通事故と頭痛の関係についてお話します。

 

むち打ち症が原因!?614351

交通事故によって引き起こされる症状に1つに「むち打ち症」があります。むち打ち症は、交通事故による衝撃が首にかかって首の筋肉や関節周囲の組織を痛めてしまう症状です。むち打ち症は、骨の問題ではなく、筋肉や関節周囲の組織の問題であるため、レントゲンやMRIをとっても異常がないことが多いです。しかし、首の筋肉を傷めているため頸部への血流が悪くなっています。それによって、ズキズキとした頭痛を引き起こしていきます。

 

交通事故後の頭痛の特徴

・天気や気温の変化によって症状が出てくるや増悪する

・頭が重いだるい感じがする

・疲れると頭痛がひどくなる

このような症状の特徴があげられます。

交通事故後の頭痛で1番の特徴は、天気の変化のよって症状に影響が出てくることです。交通事故後の頭痛は、天気が悪い日の「気圧」が影響しています。さらに、気圧だけでなく、寒い時期など気温の変化によっても影響してきます。気圧や気温の変化によって頸部の血流が悪くなって、頭部の血流も悪くなり、頭痛が起こってきます。

 

むち打ち症からの頭痛の治療法

交通事故直後は、頸部に炎症が起きています。頸部の熱をもっている状態なので、患部をすぐに冷やすことが早期改善につながります。冷湿布でも効果はありますが、袋に氷をつめて冷やす方がより良いです。そして、頸部の炎症が治まったあとは、温める必要があります。患部を温めて血流を良くしていきます。逆に、炎症が治まっているのにずっと冷やし続けていると頭痛が増悪する原因にもなります。ケガの炎症期は、48時間~72時間なのでこの期間は患部を冷やすといいでしょう。しかし、個人差があるので医師など専門家に聞いてみてください。

なごみグループは、交通事故治療専門院です。交通事故によるケガや保険会社さんとのやり取りについて専門的で詳しいスタッフが在籍しているので、お悩みを一気に解決してくれます。そして、整形外科さんと連携を取りながら整形外科さんでは投薬による改善をして、接骨院では、手技や電気治療で改善を目指していきます。整形外科と接骨院と併用しながら通院することで早期改善していきます。

 

なごみの交通事故治療はこちら

交通事故による頭痛について詳しくはこちら

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ針灸整骨院~小幡院~

なごみ鍼灸接骨院~御器所院~

なごみ鍼灸接骨院~吹上院~

なごみ鍼灸接骨院~砂田橋院~

なごみ鍼灸接骨院~池下院~

人財募集

なごみ最新情報カテゴリー

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

交通事故治療専門サイト

交通事故治療専門サイト

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

交通事故のお悩みコーナー

トピックス

グループ院