紫外線対策に良い食べ物とは・・・? | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

紫外線対策に良い食べ物とは・・・?

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2018/05/25

こんにちは!なごみグループの中西です。

最近気温があがり日中はとても暑くなってきましたね。

やはりここまで暑くなってくると気になるのは紫外線ですよね?

なので今回は紫外線対策に良い食べ物をご紹介していきたいと思います。

 

そもそも紫外線って?%e6%82%a9%e3%81%bf

 

そもそも紫外線というのは太陽から放出される太陽光線の成分のひとつで、

肉眼で確認することができない『不可視光線』の事です。

この紫外線は、殺菌作用や日焼けなどの化学変化の作用が大きいのが

特徴で、『化学線』とも呼ばれることがあります。

 

紫外線には種類がある!?

 

紫外線には大きく3つの種類がありますがその中でも最も身近で直接私たちの身体に影響を及ぼしているのは

2種類になります。

それはUVA(紫外線A波)UVB(紫外線B波)の2種類です。

UVAは一般的に生活紫外線と呼ばれ、太陽光線のうち約90%を占めており天候に左右されることなく

年間を通して地表に到達する紫外線です。

基本的には、長い時間かけて肌の真皮とよばれる肌の深層まで浸透していきコラーゲン線維を破壊し

シミやシワ、たるみなどを引き起こします。また、肌の色を黒くする『色素沈着』を起こしていくが、

同時にメラニンを生成することで紫外線から肌の細胞を守る役割を果たしたりしています。

 

UVBはレジャー紫外線と呼ばれることが多く、太陽光線の残りの約10%を担っているものですが

身体への影響力が強くUVAと比べると1000倍程有害性が強いとされています。

このUVBはUVAが真皮にまで到達するのと異なり肌の表面に強く影響しやすく、

赤い炎症を伴う日焼けやソバカス、乾燥肌の肌の老化を促進しすくなってしまうのです。

また、このUVBは3月~9月の春から秋にかけて降り注ぎやすく特に真夏の7月から8月に多く降り注ぎやすい

のですが、まれに天候などの変化により5月~6月が多く降り注ぎやすくなるので注意が必要です。

 

これで紫外線の事が何となくわかって頂けたかとおもいます。

では、本題の紫外線対策に良い食べ物をご紹介していきましょう!

 

紫外線対策に良い食べ物とは?publicdomainq-0010021bbv

 

紫外線に良い食べ物といっても効果によって必要な食材

というのは変わってきます。

それぞれご紹介していきますね。

 

シミ、そばかすを予防する食材

その食材とはみかんやイチゴ、ほうれん草、ブロッコリーなどのビタミンCを多く含む食材です!

このビタミンCはシミやソバカスをの元になるメラニンの生成を防いでくれたり、ハリのある肌をつくる為に必要な

コラーゲン線維の生成を促進してくれたりしてくれるので積極的に取りいれていきましょう!

 

肌の老化、肌荒れを防ぐ食材

その食材とはカボチャ、にんじん、パセリなどのβカロテンを含むものやアーモンド、赤ピーマン、ウナギなどの

ビタミンEを多く含む食材です!

このβカロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変化し皮膚や粘膜を丈夫にして免疫力を上げる効果があると

言われており、また、ビタミンEはおもに脂質が酸化して、細胞が老化するのを防ぐ効果があると言われている

のでこの食材も積極的に取りいれていきましょう!

これからが夏本番になってきてより一層紫外線が強くなってくるので今回ご紹介した食材を取りいれた料理を

作ってみるのもいいかもしれませんね!

詳しくは美容のページへ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院