後骨盤矯正はいつから始められるのか|名古屋市守山区小幡の整骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

産後骨盤矯正はいつから始められるのか

2021/10/26 | カテゴリー:スタッフブログ, 小幡院ブログ

こんにちは!今回は、産後骨盤矯正はいつから始められるのかについてお伝えします。

 

産後骨盤矯正はなぜ行う必要があるのかですが、出産時に産道をつくるため骨盤の結合(恥骨結合)が離開するし、上下左右に結合がずれるからです。骨盤は、大きく分けて3つの骨から構成されています。3つの骨が前で一か所、後で二か所、合わせて三か所の結合部分があるのですが、すべての結合部分で離開が起こります。結合部分は骨と骨のつなぎ目になるので、要は関節になります。関節が離開を起こすということは、脱臼をしていることと同じです。なので、出産時には骨盤が脱臼をしているのです。

ということから、産後骨盤矯正を行い脱臼した骨盤を正常にする必要があります。

 

産後骨盤矯正は、帝王切開の場合では骨盤の脱臼はしてないから必要ないのではと考える方もいらっしゃるかと思います。しかし、帝王切開の方も産後骨盤矯正を行う必要があります。

なぜならば、妊娠の後期になると骨盤の結合を緩めるためのホルモン(リラキシン)が大量に分泌されるので脱臼まではいかないまでも骨盤の結合にかなりの緩みが出てしまうからです。

 

以上のことから産後骨盤矯正が必要となります。

 

では、いつ頃から行うのが良いのでしょうか?

産後骨盤矯正を行うのは、早ければ早い程良いと言われています。しかし、産後すぐは少し安静にすることも大切なので、1か月検診が終わってから産後好通版矯正を行うのが良いでしょう。

名古屋市守山区小幡のなごみ針灸整骨院~小幡院~の産後骨盤矯正は腹部に刺激を入れる手技もあるため、帝王切開の方は、腹部の傷がしっかり治ってから行うのが良いので産後2か月後ぐらいから始めるのが良いでしょう。表面上は傷痕が落ち着いていても内部はまだ傷付いていることがあります。傷が完全に良くなるまではやはり安静が必要なので産後骨盤矯正を行うのは産後2か月後からがよいでしょう。

 

産後骨盤矯正を行うことで骨盤を安定させ腰や肩に掛かる負担を取り除くことができるので子供さん抱っこがも楽にできるようになります。更に、体型が戻りやすくなります。その他、お悩みがあればご相談頂ければ都度対応していきます。

 

名古屋市守山区小幡のなごみ針灸整骨院~小幡院~では、産後骨盤矯正を得意としております。産後骨盤矯正をお考えなら名古屋市守山区小幡のなごみ針灸整骨院~にお越しください。お待ちしております。

 

 

名古屋市のなごみ整骨院グループのHPはこちら

 

名古屋市守山区小幡のなごみ針灸整骨院のHPはこちら

 

産後骨盤矯正のページはこちら

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

なごみ最新情報カテゴリー

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

交通事故治療専門サイト

交通事故治療専門サイト

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

交通事故のお悩みコーナー

トピックス

グループ院