野球肘かも?と思ったら | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

野球肘かも?と思ったら

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2018/04/05

sports_manこんにちは!なごみグループの大屋です。

今回は野球肘についてご紹介したいとおもいます。

 

野球肘とは。

野球肘とは球の投げすぎや、フォームの乱れからくる肘の障害です。特に成長期のお子様に多い障害ですが大人でも起こってしまいます。野球肘にも種類があり、内側型・外側型・後方型とあります。

特に内側型が多く、プロ野球選手の方も手術をしたとよく耳にします。では、どうやって防ぐのかですが、今日は数ある中の一つを紹介したいと思います。

 

予防策は?

投球をすると少なからず肘に炎症がおきます。この炎症をほっておくと筋肉・靭帯に硬さを引き起こしてしまう原因になり、炎症を抑えるためにはなるべく早く「R・I・C・E」という処置を行います。

Rは安静、Iは冷却、Cは圧迫、Eは挙上のことで、この中でも冷却が大事です。よくプロ野球の試合でピッチャーが試合後に肩・肘を冷やしているのを見かけます。これにより早く炎症を抑えてくれます。

地味な事ではありますが、これをするとしないでは、翌日の筋肉の張り感に変化があり野球肘になりにくくなります。

4月になり本格的に部活が始まり肘の調子があまりよくないとお困りの方がいらっしゃればなごみ整骨院グループにご相談ください。

スポーツ障害の詳細ページはこちら

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院