自転車の保険加入はお済でしょうか? | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

自転車の保険加入はお済でしょうか?

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2018/05/24

こんにちは、なごみ鍼灸接骨院御器所院の長谷川です。

私、通勤には毎日自転車を使っております。朝の爽やかな空気の中を自転車で風を切るのは爽快ですね。

皆様は名古屋市で自転車の保険加入が義務化されて一年近くになりますでしょうか。

皆様の自転車は登録はお済でしょうか。

自転車で事故をしてしまったらまずはお問い合わせください

 

出会い頭でヒヤッとした

自転車は車道側の決められた歩道か歩道寄りの車道を走行するのがマナーです。

極力自動車と同じ進行方向を走行するようにしましょう。カーブの前ではしっかりと減速し対向車量を見極めて

走行するようにしましょう。そうしていてもカーブでの出会い頭でヒヤッとする経験は誰でも一度はあったりするかと思います。自転車は思った以上にスピードが出ている上に、身を覆うものが無い分大きなケガに繋がりやすいです。

 

事故の治療はどんなことをするのかこちらからご確認下さい。

 

自転車は制動距離も長い

皆様は制動距離という言葉を耳にしたことがございますでしょうか?gatag-00013423

制動距離とは簡単にブレーキをかけてから車両が完全に停止するまでの距離のことです。

車両の重量の重い自動車では一般的に時速100Kmで走行している車両は停止するまでにおよそ80mの距離が

必要だといわれています。自転車は車両重量も軽く乗っている人の重量程度ですが、自動車と違い細い二輪のタイヤで路面と接地しているだけなので摩擦力を生みにくく、結果制動距離が延びてしまう傾向があるようです。

そのせいで止まり切れずに思わず接触してしまう事故や、止まり切れず避けようとして物にぶつかってしまう事故などが多く発生しています。

 

接触事故は意外な損傷を引き起こしている可能性が高いです。

雨の日は特にご注意ください

移動手段が自転車の私も特に注意しているのが雨の日です。

視界が悪い上に自転車の制動も普段と異なるので操作には注意が必要ですね。

極力外出を控えたいところですが、どうしてもの場合はしっかりと視界を確保していつもより時間に余裕をもって

行動するようにしてください。日中でも視界の悪さを意識して早めの点灯を心がけるなど、対向車や周りの人に

対しての配慮を忘れないようにしましょう。

 

名古屋で口コミNo1の治療院は交通事故専門院でもあります。

なごみの取り組み

なごみ鍼灸接骨院では交通事故治療専門院として患者様への啓蒙活動や告知活動をさせて頂いております。

おかげさまで患者様より「事故にあったらなごみに行こうと思ってた」とお声をいただいております。

事故のお怪我、後遺症でお悩みの方をゼロにするのが我々の使命だと思っております。

本日もお大事にしてください。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院