オスグット病について | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

オスグット病について

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2018/10/02

こんにちは、なごみ鍼灸接骨院の奥村です。今回はオスグッド病についてお話しさせていただきます。膝の痛みs画像2_2  

オスグッド病とは!

スポーツを活発に行う発育期の男児にみることが多い病気のひとつを指します。年齢10~15歳の成長期の子供が跳躍やボールをけるスポーツをし過ぎると発生します。特にサッカーなどの膝に負担がかかるスポーツ。膝の下に痛みを伴う隆起が生じ痛みが出ます。  

原因は?

膝に慢性的な運動負荷がかかることにより発症します。膝関節を曲げたり伸ばしたりする際には、太ももに位置する大腿四頭筋と呼ばれる筋肉が働きます。大腿四頭筋によって生み出される力はとても強く運動に付随して膝に強い負荷がかかります。サッカーやバスケットボールなどのスポーツでは、膝に継続して強い力がかかり膝に大きな負担が生じオスグッド病を発症します。成長期には骨は早く成長して伸びて大きくなりますが、筋肉や腱は骨が伸びていくスピードにはついていけません。筋肉や腱が短く骨と筋、腱の不適合状態となるため、同じ運動負荷でも筋肉や腱が骨へ付着している部分への負担がより大きくなっています。成長期で身長がどんどん伸びている時期はオスグッド病などが発症しやすいです。  

症状!

膝の皿に相当する膝蓋骨の下に隆起が生じて徐々に目立つようになります。骨が盛り上がることから、同部位に痛みも生じるようになります。痛みは特にジャンプしたり走ったりする動作に付随して増強します。痛みの強さによって、スポーツでのパフォーマンスが著しく低下してしまい、やむおえず運動を中止する事もあります。  

診断方法

膝の痛みや骨の盛り上がり、年齢、膝に負担がかかるスポーツを行っていることなどの情報からでも程度可能ですが、レントゲン検査を行うことで確定します。  

治療方法

膝に運動負荷がかかることで病状が進行します。一時的に運動を制限することが症状が緩和します。成長期の一過性の病気で、成長が終了すると多くは治癒します。上記の症状を強くさせない為に大腿四頭筋のストレッチングやアイスマッサージなどを行います。日常的に大腿四頭筋のストレッチをしっかりと行うことで上記の骨と筋、腱の不適合を改善します。   なごみでの治療 骨盤矯正で身体のバランスを整え痛みの出にくい身体を作ります。局所治療では、微弱電気、超音波治療、鍼灸治療で深部に刺激を入れて血流を上げ回復力アップで痛みを緩和させていきます。継続治療をお薦めします。  

オスグッド病の詳細ページはこちらへ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院