交通事故の時に使う保険は? | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

交通事故の時に使う保険は?

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2018/10/03

こんにちは!なごみグループの松下です。 10月に入って日が落ちるのもずいぶん早くなりましたね? 夏の感覚で運転していると、ライトをつけるのが遅くなったり、暗がりの歩行者に気付かずにスピードを出してしまったりと、事故を起こしてしまう可能性が高いです。 そして、自分が交通事故に巻き込まれてしまい、いざ、治療開始の時に気になってくるのが『治療費』のことです。 基本的には皆さんが加入している保険での治療となりますが、皆さんは交通事故の時にはどの保険を使うのかご存じでしょうか? 今回は交通事故時に使う保険の種類についてお話したいと思います。  

『自賠責保険』と『任意保険』building_hoken_dairiten

  基本的に交通事故に遭った際に使われる保険は加害者側の自動車保険になります。   まず、自動車保険は『自賠責保険』と『任意保険』に分けられます。 『自賠責保険』とは法律で加入が義務付けられている保険です。 しかし、この保険は必要最低限の保証しかありません。 具体的には、?相手の怪我や死亡時の補償のみで、つまり車や家屋を壊した場合は加害者が自費で払うことになります。 『自賠責保険』で保障される金額は被害者一人につき、 とされていますが、自賠責保険だけでは損害をカバーしきれないことが多いようです。 このような場合に備えて加入するのが『任意保険』です。 『任意保険』は各保険会社が設定した様々な内容の保険プランを提供しており、会社のプランによって保険金額や補償内容が異なってきます。 『任意保険』は自分で保険内容を確認して、どれに加入するかを決める必要がありますのでしっかりと自分に合ったものを選ばないと損をするケースもあります。  

『任意保険』で注意するポイントは?o029_2

  ズバリ、「補償内容」です。 補償内容にはいくつかの項目がありますが、その中で一番注意しなければならないのが『対人賠償保険』です。 これは加害者が事故の被害者を、怪我をさせてしまったり、死亡させてしまったりした場合に法律上の賠償責任を負ったときに、その賠償額のうち自賠責保険で支払われる額を超える部分?について保険金が支払われるというものです。 例えば、被害者の治療費に 130 万円かかった場合、120 万円までは加害者の『自賠責保険』で支払い、残りの10万円は『任意保険』で支払うということです。     この時もし、任意保険のプランに保証金額の上限があった場合、上限を超えてしまった分はすべて自身の財産から支払わなければいけなくなります!   保険は万が一の時に自分が損をしないために加入するものです。 いつ自分が加害者や被害者になるかわかりません。 しっかりと保険の内容を確認して後悔しないものを選びましょう!  

もし事故に遭った時のなごみの交通事故治療こちら

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院