片頭痛と緊張型頭痛の、特徴と対処法!|名古屋市東区砂田橋の接骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

片頭痛と緊張型頭痛の、特徴と対処法!

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/07/20

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院の

斯波です。こんにちは!

今回は、頭痛につてお伝えします。

 

 

 

 

頭痛は、気温や気圧の変化をきっかけに

起こることもあり

自分ではコントロールできない面があります。

そこで大事なのが

頭痛が起きてしまった時の対処法を知っておくこと。

 

 

頭痛といっても、片頭痛緊張型頭痛とでは

頭痛が起こるメカニズムが違うため

その対処法も異なります。

 

それぞれの頭痛の特徴を知り

正しい対処法を身につけておきましょう。

 

 

 

・頭がズキンズキンとする片頭痛の場合

 冷やすのが基本

 

頭の片側または両側にズキンズキンと強い痛みが

起こる片頭痛は、脳の血管が拡張して脳神経の1つ

三叉神経が刺激されること

起こると考えられています。

 

 

原因は、ストレスや肩こり、高温多湿による脱水

気温や気圧の変化、空腹、女性ホルモンの変化

光、騒音、アルコールなど様々です。

 

血管が拡張して痛みが起こる片頭痛の場合は

冷やすことで痛みが軽減されることが多いです。

痛みを感じたら、こめかみの脈打つ部分を

冷却シートや氷枕などで冷やしてみてください。

 

 

片頭痛は、体を動かすと痛みが助長されます。

光や音などの刺激も避け、安静に過ごしましょう。

また、痛み始めには血管を収縮させる作用のある

カフェインを含んだコーヒーなどを摂ると

痛みが緩和されることがあります。

 

 

 

・頭がキューッと締め付けられる緊張型頭痛の場合

 温めるのが基本

 

緊張型頭痛は、心身の緊張から起こる頭痛で

全体が締めつけられるような痛みが特徴です。

 

首や肩周りの筋肉が緊張して血流が悪くなり

痛み物質が発生し

神経が刺激されることで起こります。

神経や脳が過敏になることで

痛みが起こるとも考えられています。

 

 

原因は、長時間の同じ姿勢や、目の疲れ

ストレス、冷房による冷え過ぎなどです。

 

筋肉の血行が悪くなることで起こる緊張型頭痛は

温めることや体を動かすことが

痛みの緩和に有効です。

 

お風呂に浸かって体を温めたり

ストレッチで首や肩を

動かしたりしてみましょう。

肩や首に蒸しタオルなどを

当てて温めるのもおすすめです。

 

 

 

 

また、実際に頭痛を改善していくために

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院

メニュー内容をこちらでご紹介しております。

気になる方はクリックをお願い致します!

 

頭痛の詳細はこちら!

 

 

 

 

 

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院では

皆様の健康のため、お身体の施術だけでなく

栄養指導、運動指導をおこっています!

健康なお身体になりたい方は

ぜひお問い合わせください!

 

👇ご予約される方はこちらのページをチェック👇

 

名古屋市東区砂田橋の

なごみ鍼灸接骨院砂田橋院のホームページ

なごみ整骨院グループのトップページ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院