整体によるテニス肘の症状と原因とは?|名古屋市東区砂田橋の接骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

整体によるテニス肘の症状と原因とは?

2021/07/27 | カテゴリー:スタッフブログ, 砂田橋院ブログ

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院

斯波です。こんにちは!

今回は、整体の対応症例で

スポーツ障害に含まれる

テニス肘についてお伝えします。

 

 

 

 

テニス肘とは、手首に負担がかかる動作を行った時

肘の外側から前腕にかけて

痛みが起こる症状のことを言います。

正式には「上腕骨外側上顆炎」という肘の病気です。

 

 

症状が進行するとコップが持てないほどの強い痛みを

伴うこともあり日常生活にも

大きな支障をきたすようになります。

 

 

上腕骨外側上顆炎の症状は

ある一定の動作をしたときに腱の付着部位である

肘の外側が痛むことが特徴です。

 

たとえば、ものをつかんで持ち上げる

タオルや雑巾を絞る、といった動作に伴って

痛みが生じることがあります。

 

その一方で、安静にしているときには

痛みが生じないことが多いです。

 

 

指や手の関節を伸ばす筋肉には、長橈側手根伸筋

橈側手根伸筋総指伸筋などがあり

これらが相互に作用することで

手首や指が伸びるはたらきをしています。

 

 

 

上に挙げたような伸筋の腱組織は

上腕骨の一部である「外側上顆」と呼ばれる

肘の外側にあたる部分に付着しています。

 

ものを持ち上げたり、手をひねったりする動作を

繰り返すと、慢性的に外側上顆に炎症が引き起こされ

結果として上腕骨外側上顆炎が発症します。

 

 

主に短橈側手根伸筋が付着する部位で

障害を受けることが多いと考えられています。

 

 

上腕骨外側上顆炎と関連した動作を慢性的に繰り返す

状況としては、テニスが代表的です。

上腕骨外側上顆炎はテニス選手に発症することが

多いことから別名「テニス肘」とも呼ばれています。

 

しかし、実際には、家事を通して同様の動作を

繰り返す機会も多く、テニスをしたことのない主婦に

発症することもまれではありません。

 

一般的には、加齢とともに腱が傷んで

起こるとされていますが

原因についてはまだ十分に

わかっていないのが現状です

 

 

 

 

実際に改善していくために

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院

メニュー内容をこちらでご紹介しております。

気になる方はクリックをお願い致します!

 

テニス肘の詳細はこちら!

 

 

 

 

 

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院では

皆様の健康のため、お身体の施術だけでなく

栄養指導、運動指導をおこっています!

健康なお身体になりたい方は

ぜひお問い合わせください!

 

👇ご予約される方はこちらのページをチェック👇

 

名古屋市東区砂田橋の

なごみ鍼灸接骨院砂田橋院のホームページ

なごみ整骨院グループのトップページ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

なごみ最新情報カテゴリー

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

交通事故治療専門サイト

交通事故治療専門サイト

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

交通事故のお悩みコーナー

トピックス

グループ院