頭痛を起こす天気痛の予防と対策とは?|名古屋市守山区小幡の整骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

頭痛を起こす天気痛の予防と対策とは?

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/08/17

名古屋市守山区小幡にあります、なごみ針灸整骨院の松岡です。

雨が降ると頭痛やめまいが起きるなんて方は近年増えてきています。この様なお悩みは、気象要素に影響を受ける「天気痛」の可能性があります。

本日は、手軽にできる天気痛の予防法や、天気痛が起きた時の対処法をご紹介。さらに、天気に左右されない体質になるための生活習慣のポイントもお伝えします。

天気痛は予防できるの?

気象の変化によって起こる「天気痛」。その症状はその人がもともともっていた症状が天気に影響されて現れたり悪化したりするため、頭痛、神経痛の悪化、めまい、肩こり、首痛、腰痛、眠気、耳の症状、気分の落ち込み、うつ、不安症など多岐にわたります。

天気痛は、耳の奥にある内耳の気圧センサーが、気圧の変化を感知する際に過剰反応し、それによって自律神経のバランスが乱れて様々な不調を引き起こすことが原因であることが、様々な研究から分かってきました。

耳のまわりの血行が悪くなると、内耳がむくんで過敏になり、天気痛を起こしやすくなります。
そのため、天気痛が起こりそうな時は、内耳と周辺の血流を改善することが、効果的な予防法となります。

名古屋市守山区小幡のなごみ針灸整骨院では、この様な天気に左右される頭痛などの不調には、針灸治療や肩周りの血流を促すマッサージも行います。


天気に左右されない体質を目指そう

体質的に天気痛になりやすい人は、気象のストレスに負けないよう自律神経を整えていくことが大切です。そのためには、日中はアクティブに、夜はリラックスして過ごすメリハリのある生活を心がけましょう。

具体的には、
① 朝起きたら太陽の光を浴びる
② 毎日朝食を食べる
③ 日中にウォーキングなどの軽い運動をする
④ ぬるめの湯で入浴する
⑤ 起床と就寝の時間を一定にして質の良い睡眠をとる

これらが、自律神経を整える生活習慣となります。

天気痛対策としてもう1つ大切なのは、もともともっている病気や不調を治すこと。天気から受ける影響を減らすと不安要素が減り、もともとの不調も治療しやすくなります。

天気痛を自分の体を見直すきっかけに。生活も見直して、健康な心身を手に入れましょう。

 

名古屋市守山区小幡のなごみ針灸整骨院では、体質改善のアドバイスや、質の良い睡眠を取るための施術、体のバランスを整える整体など様々な施術で患者様のお悩みにご対応致します。

長い間天気痛に悩まれてる方は一度ご相談下さい。

なごみ整骨院グループ

名古屋市守山区小幡のなごみ針灸整骨院

頭痛の詳細はこちらから

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院