整体による、ランナー膝の症状について|名古屋市東区砂田橋の接骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

整体による、ランナー膝の症状について

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/08/24

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院

斯波です。こんにちは!

今回は、整体の対応症例で

スポーツ障害に含まれる

ランナー膝についてお伝えします。

 

 

 

 

 

ランナー膝(腸脛靭帯炎)は、膝の外側が痛くなる

スポーツ障害です。

長距離ランナーでよく発症することから

通称「ランナー膝」と呼ばれています。

 

 

ランナー膝の主な症状は、膝の外側にある

大腿骨外側上顆と呼ばれる

骨が出っ張った部分周囲に痛みを生じます。

 

 

初期症状は運動中、特に膝を踏み込んだ時や

運動後に痛み、安静にしていると痛みが消えます。

 

しかし症状が悪化すると、歩行時や安静時にも

膝の外側に痛みを感じるようになります。

 

 

ランナー膝の主な原因は、荷重や下肢のねじれと

オーバーユース(使い過ぎ)です。

 

わずかに荷重のバランスや下肢のアライメントが

ねじれた状態でも膝の屈伸運動を繰り返すことで

太ももの外側についている靭帯(腸脛靭帯)と

大腿骨外側上顆が何度も擦れるようになり

腸脛靭帯の接触面が炎症(滑膜炎)を起こし

膝の外側にズキズキとした痛みが発生します。

 

 

腸脛靭帯は大腿骨の外側を通って

脛骨の外側に繋がっています。

 

膝を伸ばしている時は腸脛靭帯は大腿骨の外側の

出っ張りの前にあるのですが膝を曲げてゆくと

おおよそ30度屈曲したところで

外側上顆を乗り越え後方に移動します。

 

このときに腸脛靭帯は大腿骨の

外側の出っ張り部分にこすれます。

 

 

長距離のランニングでは腸脛靭帯が何度も

こすれることによって炎症を引き起こし

膝の外側に痛みが生じます。

 

腸脛靭帯炎は、大腿骨外側の出っ張りが大きい

股関節外転筋力が弱い、内反膝(O脚)、回内足

腸脛靭帯の伸張性が低いなどの

特徴があると発症しやすいと言われています。

 

 

 

実際に改善していくために

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院

メニュー内容をこちらでご紹介しております。

気になる方はクリックをお願い致します!

              

ランナー膝の詳細はこちら!

 

 

 

 

                   

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院では

皆様の健康のため、お身体の施術だけでなく

栄養指導、運動指導をおこっています!

健康なお身体になりたい方は

ぜひお問い合わせください!

                         

👇ご予約される方はこちらのページをチェック👇

                       

名古屋市東区砂田橋の

なごみ鍼灸接骨院砂田橋院のホームページ

なごみ整骨院グループのトップページ

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院