ぎっくり腰の正しい応急処置|名古屋市昭和区吹上駅近くの接骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

ぎっくり腰の正しい応急処置

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2022/02/28

名古屋市昭和区吹上駅近くのなごみ鍼灸接骨院吹上院の髙栁です。

こんにちは!

今回は、「ぎっくり腰になった時の対処法」をご紹介していきます。

 

ぎっくり腰とは?

ギックリ腰は、重たい物を持った時やくしゃみなど何かの拍子で突然腰が痛くなる病態です。

正式には、急性腰痛と呼ばれています。

また、欧米では、急激に腰に痛みが発症することから、魔女の一撃とも呼ばれています。

ぎっくり腰は、腰の痛みがあり、歩行や体位変換が困難になることがほとんどです。治療を早期にすれば早期の改善を見込めますが、1~2週間で自然と回復してきます。しかし、痛みが一向に引かない場合は、足のしびれなどが発症してしまう腰部椎間板ヘルニアや圧迫骨折などにつながることがあります。

 

ぎっくり腰になってしまったら

ぎっくり腰になってしまったら、まずは応急処置が大切になってきます。

応急処置をやっているかやっていないかでぎっくり腰の治り具合は変わってきます。適切な応急処置を覚えましょう。

RICE処置

①Rest(安静)

ぎっくり腰になった時は、まずは安静にすることです。ぎっくり腰には様々なケースで痛むことがあるので、1 番楽な姿勢で安静にしていきましょう。ぎっくり腰の方は、痛い方を上にして横向きが楽なことが多いです。

 

②Ice(冷却)

患部を氷で冷やします。湿布で冷やす方がいらっしゃいますが、全然冷やすのが足りません。袋に氷を詰めて、15分程度感覚がなくなるぐらい冷やすようにしましょう。患部の血管が収縮して、炎症、内出血、痛みを抑えてくれます。冷やしすぎると凍傷になるので注意しましょう。

 

③Compression(圧迫)

患部にテープなどを巻いて、圧迫します。内出血や腫れを抑えます。

 

④Elevation(挙上)

患部を心臓よりも高い位置に持ち上げます。ぎっくり腰の場合は、腰にクッションなどを敷いて少し高くすると良いでしょう。

 

名古屋昭和区曙町のなごみ鍼灸接骨院吹上院の治療

名古屋市昭和区吹上駅近くのなごみ鍼灸接骨院吹上院では、ぎっくり腰に対しての治療を行っています。

ぎっくり腰の痛みを改善するために、マッサージや鍼灸治療、超音波治療を行っていきます。さらに、ぎっくり腰は一度発症してしまうと再発しやすくなります。再発しないようになごみ式筋骨バランス矯正法で身体の歪みや姿勢を整えてぎっくり腰を繰り返さない身体を作っていきます。

 

なごみ整骨院グループの詳細はこちら

名古屋昭和区曙町のなごみ鍼灸接骨院吹上院の詳細はこちら

ぎっくり腰についての詳細はこちら

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院