雪道運転でのブレーキ方法!! | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

雪道運転でのブレーキ方法!!

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2017/01/30

こんにちは、スタッフの安井です。雪道での事故のニュースが多いですね。

雪道で事故を起こさないための運転方法

急ハンドル急ブレーキは避けましょう!!

ブレーキは、最重要ポイントです。急ハンドルや急ブレーキを取らざるを得ない状況を無くすために常にスピードは通常の路面を走る時よりも遅めに保ち、ゆとりのある運転をするようにしましょう。雪道でフットブレーキをかける時は”ポンピングブレーキ“(ブレーキを細かく何度も踏むこと)を有効に活用することで、タイヤがロックすることを防ぐことができます。

エンジンブレーキを利用して減速しましょう!!yjimage

雪道を走る時は、なるべくフットブレーキ(通常のペダルで踏むブレーキのこと)は使わないようにしましょう。ほとんどの車にはABS(アンチロック・ブレーキシステム)というタイヤがロックしないように制御するシステムが導入されていますが、システムに頼っていると大きな事故を起こす可能性が高くなってきてしまいます。スピードを落とすときは、オートマ車の場合であればセカンドかローにシフトチェンジしてエンジンブレーキ(エンジンの回転数を上げることで抵抗を大きくし、減速すること)を使って走行しましょう。

自分は、大丈夫と過信せずに雪道であれば、しっかりとした準備と心構えをもって運転しましょう。

詳しくは、交通事故治療へ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院