事故後、必ず覚えたい応急処置 | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

事故後、必ず覚えたい応急処置

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2017/02/15

hospital_taping-300x300こんにちは、なごみ鍼灸整骨院の砂田橋院の丹羽です。

今回は交通事故に遭った際の応急処置方「RICE処置」をお伝えします。

応急処置を正しく行うことで、症状を軽くしたり治りも早くなるので是非覚えていってください!

 

RICEとは応急処置の基本の4項目の頭文字をとったものです。RICEの目的は、患部の腫れや炎症を抑え、内出血を最小限に食い止めることです。交通事故以外にも、急性の怪我をしたときにも使えます。

 

絶対覚えておきたい4つの応急処置「RICE処置」

 

REST 安静にする

損傷した患部の安静を確保することが必要になります。触ったり動かしたりすることは控えましょう

 

ICING 患部を冷やす

怪我をした直後、アイシングをして炎症を最小限に抑えましょう。ケガの完治を早めることができます。

目安は痛みが治まってくる2~3日冷やすとよいでしょう。

 

COMPRESSION 患部を圧迫する

伸縮性のあるバンテージで患部を圧迫することで、患部の腫れや内出血を抑えることができます。

 

ELEVATION 患部を高く保つ

患部を心臓より高く上げて、腫れや内出血を抑えることが大切です。就寝時等は、枕や座布団などで足を高く挙げておくと良いでしょう。

 

以上がRICE処置になります。適切な処置はケガの回復を早めますので必ず行いましょう。

もし、数日たってどうしてよいか分からない時は、なごみ鍼灸整骨院までお気軽にご相談ください。

身体の状態を診て、適切な治療、対処法をお伝えします。

 

詳しくは交通事故治療へ

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院