肩の前方の痛みは上腕二頭筋長頭腱炎かも! | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

肩の前方の痛みは上腕二頭筋長頭腱炎かも!

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2017/08/26

こんにちは、なごみグループの吉田です。
スポーツや日常動作でよく起こる上腕二頭筋長頭腱炎について紹介します。

513003

上腕二頭筋長頭腱炎とは

力こぶの筋肉である上腕二頭筋が上腕骨の結節間溝というトンネル状の溝を通るときに擦れて痛みが出る疾患です。
ベンチプレスや重いものを持ち上げる動作などで腕を引いたり・肘を曲げたりすることで結節間溝部で摩擦の刺激が加わり炎症が起こることが多いです。

なごみでの治療

鍼灸治療や超音波、微弱電気などを使って上腕二頭筋の硬さをとって循環を改善させると結節間溝部での摩擦が減って症状は改善してきます。
また、身体の歪みやバランスによって腕や肩の筋肉が緊張しやすい状態である場合、その歪みも改善しないとまた痛みが戻ったり、治りにくくなってしまいます。
なごみグループでは身体の不調の原因となる身体の歪みも整えて症状の根本治療を目指しています。

詳しくは骨盤矯正のページへ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院