雪道以外でのスタッドレスタイヤ使用は危険です | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

雪道以外でのスタッドレスタイヤ使用は危険です

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2018/03/05

こんにちは。スタッフの高橋です。

一月は名古屋でも雪が降り、スタッドレスタイヤに履き替えた方も多いのではないでしょうか。

これから春に向けてだんだんと暖かくなり始めるこの時期、雪が降る予報も出ていないのに「タイヤ交換が面倒だから」「古くなったから、このまま履き潰してしまおう」と、スタッドレスタイヤのままになっていませんか?

雪で滑りにくくなるなら雨でも大丈夫?…ではないんです。

スタッドレスタイヤの構造は、簡単に言うと、溝が大きく素材もノーマルタイヤより柔らかい977599ので、雪や氷をがっちり掴みながら走っています。

なので雨では溝に大量の水が入り、タイヤと地面の間に水の層ができてしまいます。それにより逆に滑りやすくなってしまうのです。

これがハイドロプレーニング現象です。

スタッドレスタイヤの制動距離(ブレーキを踏んでから車が停止するまでの距離)は、乾燥路ではノーマルタイヤ装着時に比べ1.3倍、路面が濡れている状態では2倍になると言われています。

他にも…

冬場シーズン以外のスタッドレスタイヤ使用のデメリット

1.グリップ力・カーブでの安定感が弱いため、高速走行に向かない

2.燃費が悪くなる

3.走行時に車内で感じるタイヤ音の増大

などがあります。

路面やシーズンに合ったタイヤを選び、こまめに履き替えて、安全運転を心掛けましょう。

 

交通事故でお体でお悩みの方は「なごみグループ」まで、ご相談ください。

詳しくは交通事故治療へ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院