眼精疲労対策! | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

眼精疲労対策!

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2018/09/25

こんにちは、なごみ鍼灸接骨院の奥村です。今回は眼精疲労の対策についてお話しさせていただきます。 眼精疲労になったら 眼精疲労の症状が起こったときは、メガネやコンタクトレンズの度数が合っているか、パソコン作業などで目を使いすぎていないかなど原因に応じた対策をとっていきましょう。ビタミンB群は眼精疲労の改善に効果があるとされています。食事などで積極的に摂取して下さい。ツボを押すなど目の周りの筋肉をほぐすのもおすすめです。 kangoshi_man

自分でできるセルフケア

目の使い過ぎ軽度の目の乾燥などによる眼精疲労はセルフケアでも対応ができます。 ・ビタミンBやEなど目のはたらきを維持するのに欠かせない栄養素を積極的にとりましょう。 ・マッサージやツボ押しなどで目の周りの筋肉をほぐして下さい。 ・目が乾くときはコンタクトレンズをやめてメガネをかけるようにして下さい。 ・作業環境を見直し目を疲れさせないように改善して下さい。 ・蒸しタオルで目を温めて下さい。  

眼精疲労に良いとされる成分

目を機能させる神経・筋肉系の維持にはビタミンの摂取は欠かせません。ビタミンB群は目の粘膜や末梢神経を正常に保ち、ビタミンEは抗酸化作用で神経を保護し血行を促進して筋肉の疲労回復を促します。  

眼精疲労に良いとされるビタミン

ビタミンB1・・・オクトチアミン、ベンフォチアミン、フルスルチアミン、硝酸チアミンなどがあり神経や筋肉の組織に作用し肉体疲労、眼精疲労などを改善します。欠乏すると眼球運動など中枢神経に影響があります。 ビタミンB2・・・リボフラビンとも呼ばれる耐熱性の成長促進因子として発見されました皮膚や粘膜、爪、髪の健康を保ちます。欠乏すると眼精疲労や皮膚炎、口内炎などが起こります。 ビタミンB6・・・抗皮膚炎因子として発見されました。ホルモンや神経伝達物質の合成にかかわり免疫機能の維持や皮膚や粘膜を正常に保つはたらきがあります。欠乏すると皮膚炎や口内炎が起こります。 ビタミンB12・・・シアノコバラミンとも呼ばれ神経・筋肉系のはたらきに作用し粘膜を正常に保ちます。欠乏すると末梢神経障害などが起こります。  

目の周りの筋肉をほぐす

作業の合間などにマッサージ、ツボ押し、目の運動などを行い、目の周りの筋肉の緊張をよくほぐすことも効果があります。   なごみでの治療 鍼灸・マッサージだけの治療ではなく背骨・骨盤の捻れ歪みを改善する矯正、筋肉の調整をする超音波、微弱電気を行います、眼精疲労からくる慢性的な頭痛や肩凝りが再発しにくい身体作りの治療を行います。  

眼精疲労の詳細ページはこちらへ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院