ぎっくり腰!何を注意すればいいのか?|名古屋市東区砂田橋の接骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

ぎっくり腰!何を注意すればいいのか?

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/11/17

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院の

斯波です。こんにちは!

今回は、ぎっくり腰になった際

気を付けておくべき動きについてお伝えします。

 

 

 

 

ぎっくり腰になると可能性として

椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など

腰の骨周りの症状が思い浮かびますが

必ずそうだとは限らず

筋肉や関節の損傷と結論づけられることも

少なくありません。

 

ぎっくり腰は安静にして治していきますが

1ヶ月ほど痛みが続くことも珍しくないものです。

 

腰痛を感じ始めたら、ぎっくり腰にならないよう

日々の動きや姿勢に気をつけるのが大事です。

 

朝歯磨きをするときや荷物を持つとき

また生活の大きな部分を占める、座っているとき。

ぎっくり腰の危険は

何気ない日常の中に潜んでいます。

 

ではぎっくり腰を起こさないためには

どのような動きがいいのかお伝えします!

 

 

 

 

・朝起きるときには、すぐにからだを起こさず

 布団の中で横になり腰を丸めた姿勢をとります。

→こうすることで、椎骨の間が開き

 周辺の筋肉なども伸ばすことができます。

 

・顔を洗うときは、腰だけを倒すのでなく

 膝も少し曲げます。

 また床から物を拾ったり、物を持ち上げるときにも

 必ず膝を曲げる癖をつけるようにします。

→膝も曲げることで、腰にかかる負担が

 かなり軽減されます。

 

・椅子に座る場合は、背当てに腰が付くまで深く

 腰をかけるようにします。

 1時間に一度は立ち上がり、軽い屈伸運動で

 腰部の血流をよくすることを心がけましょう。

 

・急に伸びをしたり、腰をひねるような

 動作は控えます。

→伸びをすると腰がリラックスするように思えますが

 急に行うと逆にぎっくり腰を起こすことがあります。

 

 

また上記以外に腰に負担のかからない座り方で

椅子の背もたれに強くもたれかかり

体が前の方へ滑る座り方をやっていませんか。

この座りは骨盤が極端に後ろへ倒れ

腰に過度な負担がかかってしまうため

腰痛のもとになります。

 

 

また、一見背筋よく座っているように見える

モデル座りも、要注意です。

モデルのようにきれいな座り方ですが

腰が反りすぎていると、腰に負担がかかります。

 

 

腰が痛くなってきたから、姿勢を正さないと

と意識するあまり、腰を反らせた

座り方になっていませんか。

一度自身の動きや座り方など確認し

ぎっくり腰にならないよう注意しましょう。

 

 

 

また、実際に改善していくために

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院

メニュー内容をこちらでご紹介しております。

気になる方はクリックをお願い致します!

 

ぎっくり腰の詳細はこちら!

 

 

 

 

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院では

皆様の健康のため、お身体の施術だけでなく

栄養指導、運動指導をおこっています!

健康なお身体になりたい方は

ぜひお問い合わせください!

 

👇ご予約される方はこちらのページをチェック👇

 

名古屋市東区砂田橋の

なごみ鍼灸接骨院砂田橋院のホームページ

なごみ整骨院グループのトップページ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院