ぎっくり腰の予防法何をすればよい?|名古屋市昭和区御器所の接骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

ぎっくり腰の予防法何をすればよい?

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/11/26

名古屋市昭和区御器所駅近くにあるなごみ鍼灸接骨院御器所院 岩崎です。

こんにちは!

本日は、ぎっくり腰の予防法についてお伝えします。

 

 

ぎっくり腰初回限定価格

 

 

ぎっくり腰の予防その1 疲労を溜めない

疲労をためてしまうと、筋肉が硬くなり、柔軟性が低下して腰を傷めやすくなります。

疲れを感じたり、腰が重い、「ギクッ」となりそうだったり、違和感を感じた時は、施術を受けるなど、早めに対応しましょう。

 

ギックリ腰の予防その2 体を冷やさない

体に疲れがたまっている時に、体が冷えるとぎっくり腰が発生しやすい傾向にあります。

季節の変わり目は、昼夜の温度差が激しく、寝る時暑くても朝方冷えたりして、朝起き上がる時に傷めてしまった方もいらっしゃいます。

気温が上がっても、湯船につかり体を温めるなど、体が冷えないようにしてみてください。

ぎっくり腰の予防その3 筋力と柔軟性を保つ

慢性的に腰が悪いからと言って、腰をかばい、運動を避けたりすると、筋力や柔軟性が低下し、ぎっくり腰が発生しやすくなると考えられます。

明らかに運動する事により、症状が悪化する場合は除き、できる範囲でも構いませんので、体を動かせると良いと思います。

ウォーキング、ストレッチなどを、定期的に行ってみてください。

名古屋市昭和区御器所のなごみ鍼灸接骨院御器所院では、御来院時の状態にあったストレッチもお伝えしています。

 

ぎっくり腰の予防その4 良い姿勢を意識する

普段、自分の姿勢を意識する事があるでしょうか。

姿勢によっては、体に負担をかける事があります。

名古屋市昭和区御器所のなごみ鍼灸接骨院御器所院では、この「姿勢」を重要視しています。

普段の姿勢により、腰に負担がかかり、ぎっくり腰の原因となっているケースは多いと思います。

当院では、患者様の姿勢をチェックさせていただき、理想の姿勢をとって頂くことで、どれだけ腰に負担がかかっているかを体感して頂きます。

普段の姿勢と理想の姿勢のギャップに「これでいいの?」と驚かれる方が多いです。

姿勢が気になる方は、是非当院にご相談、御来院ください。

 

もし、ぎっくり腰になってしまったら…

基本的には、「冷やす」「安静にする」が一般的ですが、痛めた部位、痛め方などで状況は変わってきますので、ぎっくり腰になってしまったら、専門家に診てもらう事が一番だと思います。

名古屋市昭和区御器所のなごみ鍼灸接骨院御器所院では、「ぎっくり腰はこう」と決めつけず、お一人お一人のその時の症状や痛めてしまった原因、状況や背景などから問題の部位を考え、最善の対応ができるように心がけています。

もしもの時はご相談いただければと思います。

ぎっくり腰にならない事が一番ですので、是非予防法を実行してみてください。

 

 

名古屋市昭和区御器所駅近くのなごみ鍼灸接骨院御器所院はこちら

 

なごみ整骨院グループトップページはこちら

 

名古屋市昭和区御器所にあるなごみ鍼灸接骨院御器所ぎっくり腰に特化した施術の詳細はこちら

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院