五十肩でやってはいけないこと|名古屋市昭和区吹上駅近くの整骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

五十肩でやってはいけないこと

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2022/02/10

名古屋市昭和区吹上のなごみ鍼灸接骨院吹上院の比嘉です。

こんにちは!

今回は、五十肩でやってはいけないことについてご紹介したいと思います。

五十肩になってしまった時に、仕事や日常生活に支障が出ないようになんとかしたい!と思って色々と試す方も多いのではないでしょうか。

結局のところどうしたら一番早くよくなるのか、逆にやってはいけないことはどのようなことなのか、紹介していきたいと思います。

 

 

五十肩とは

五十肩とは、肩関節周囲炎のことを指し、肩関節が動かなくなり、動かそうとすると痛みを生じる症状をいいます。

多くの方は運動不足や長時間の同姿勢、関節周囲の血流不良で発症します。

長い方では回復を要するのに一年以上かかるケースもあり、一方で軽症の方は数ヶ月で回復する方もいらっしゃいます。

病態的には肩関節周囲の炎症ということで抽象的ですが、具体的には肩関節(肩甲上腕関節)のコンパートメント(圧迫)や棘上筋、棘下筋などのインナーマッスル(回旋筋腱板)の損傷など、細かい部分に細分化されます。

名古屋市昭和区吹上のなごみ鍼灸接骨院吹上院では、この細かい原因を突き止め、動きや痛みを早期回復できるようにアプローチしていきます。

 

五十肩でやってはいけないこと

五十肩になってしまった時に一番やってはいけないことは、無理に動かすことです。

これは必ずと言っていいほどで、寝違え等と同様に無理に動かして良くなったケースはありません。

また、湿布やロキソニンテープを貼るのも、いけないことではないですが、ほぼ効果がないので気休め程度の期待でなら有効だといえます。

整形外科などで、痛み止めの注射を打つ方もいらっしゃいますが、根本の損傷部分が治るわけではなく、痛みだけを麻痺させている状態なので、悪化してしまう恐れもあります。

痛みを感じないということは、痛みによる筋緊張や交感神経興奮の抑制、ストレス(副腎髄質)刺激の軽減などのメリットがありますが、感じないがゆえに動かせてしまうと炎症の悪化などにつながる恐れがあります。

基本的には安静にしながら、痛みが少し落ち着いてきた時期から関節可動域が広がるように動かしていきます。

現状で動かせる範囲で行うことが重要になるので、無理なく動かしていきましょう。

名古屋市昭和区曙町のなごみ鍼灸接骨院吹上院では、五十肩の専門的施術を行っているだけでなく、日常生活でのセルフケアや運動方法も指導しています。

お困りの方は是非一度ご相談ください。

 

 

名古屋市昭和区吹上のなごみ鍼灸接骨院吹上院はコチラ
なごみ整骨院グループの詳細はコチラ
五十肩の詳細はこちら

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院