数字で見る「ながら運転」の危険性 | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

数字で見る「ながら運転」の危険性

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2017/09/04

こんにちは。スタッフの高橋です。

携帯電話を操作しながらの「ながら運転」が厳しく取り締まられるようになったとはいえ、残念なことにまだまだ多く、ニュースでもよく見かけます。

今日は「ながら運転」の危険性を数字でお見せすることによって、注意喚起をしたいと思います。

 

まず、普段運転している時、車が一秒間に何メートル進んでいるのか、ご存知でしょうか?

時速40kmでは11.1m、時速60kmでは16.7m、時速100kmでは27.8mも一秒の間に進んでいるのです。

仮に時速60kmで走行していると仮定してみましょう。

メールの確認やゲームの操作などで二秒間画面をみただけで、車は約33mも進んでいると考えると…怖いですね。187607m

さらに「あっ」と思ってブレーキを踏み、車が完全に停止するまでには44mもかかります。

画面から前方へと視線を戻し、30m先に歩行者がいたら…慌ててブレーキを踏んでも間に合いません。

 

普段、一瞬だからと何気なく行ってしまっている方も多い「ながら運転」。

車を運転する全ての人が、もっと危険性を認識すれば、「ながら運転」による事故も減るかもしれませんね。

 

交通事故でお身体にお悩みの方は、事故治療専門院であるなごみグループへご相談ください。

詳しくは交通事故治療へ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院