肩こり解消!座りながら簡単ストレッチ|名古屋市守山区小幡の整骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

肩こり解消!座りながら簡単ストレッチ

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/05/31

名古屋市守山区小幡にある、なごみ針灸整骨院~小幡院~山本です。
こんにちは!

肩こりをお悩みとしてご来院される方がすごく多いのですが、毎日治療することはできないですよね。
そこで必要になってくるのがセルフケアです。

 

 

簡単に、短時間で、小スペースで、座りながらでも、できる肩こり解消ストレッチをご紹介します。

肩こりは、頭を支える首~肩の筋肉の緊張が強くなりおこります。筋肉は、力を入れると縮んで固くなります。頭という錘を首~肩の筋肉が常に力を入れて支えているので、当然疲れます。その疲れが肩こりです。

筋肉は、伸びたり縮んだりしますが、強く収縮し続けると伸びにくくなります。肩が凝ったと感じたときに首や肩の動きが悪く感じるのはそのためです。

 

一度実験してみましょう。
1分間、手を強く握ってみましょう。1分後、ゆっくり手を開いてみてください。どうですか?ギチギチとした感じで開きにくくなかったですか?これが肩こりの原理です。

筋肉は、縮んだ状態が長く続くと伸びるのを嫌がります。筋肉が縮むまでの距離が長いほどパワーを発揮するので、肩こりで首~肩の筋肉が縮こまっていると頭を支えるパワーが弱くなってしまいます。ですので、ストレッチをして伸ばすことで筋肉の機能を高める必要があるのです。

では、どこの筋肉を改善する必要があるのか?ですが、頭を支える首~肩の筋肉は肩甲骨という背中の骨を土台としています。ですので、肩甲骨を動かしてストレッチすることが大切です。

それでは、名古屋市守山区小幡のなごみ針灸整骨院で指導している肩こり解消ストレッチをしましょう。

まず、左右の肩甲骨の間を伸ばしていきます。
胸の前で手を組み両腕で輪を作ります。この時、腕を90度まで上げて下さい。大きく息を吸い、ゆっくり細く息を吐きながら腕を前に伸ばしていきます。このとき、息は30秒ぐらいかけて吐いて下さい。背中を丸くしながらできるだけ遠くに手を伸ばして、左右の肩甲骨が背中で離れていくのを感じて下さい。息を吐ききったら脱力して下さい。

次は、左右の肩甲骨を寄せていきます。
肘を曲げ、脇を締めます。大きく息を吸って、ゆっくり細く息を吐きながら胸を張り左右の肘を後ろでくっつけるイメージで寄せていきます。同じく息は、30秒ほどかけて吐いていきます。左右の肩甲骨を寄せていき、息を吐ききったら脱力して下さい。

次は、肩甲骨を上に引き上げます。
頭の上で手を組み、胸を張り、上に腕を伸ばしていきます。大きく息を吸って、ゆっくり細く息を吐きながら腕を上に上にと伸ばしていきます。この時、みぞおちに力をいれるように意識します。同じく息は、30秒ほどかけて吐いていき、吐ききったら脱力します。

この3つの方向のストレッチを何度か繰り返してみて下さい。

名古屋市守山区小幡のなごみ針灸整骨院での治療と上記のストレッチを組み合わせることで効果が大きくなるので、効果を感じにくい方は、重症ですので治療を受けて下さい。

 

名古屋市守山区小幡のなごみ整骨院グループのHPはこちら

肩こりは頭痛などの症状を引き起こします。頭痛のある方はこちら

名古屋市守山区小幡のなごみ針灸整骨院の肩こりのページはこちら

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院