靴底の極端な減りも骨盤矯正で解消! | 名古屋市の「なごみ整骨院・接骨院グループ」

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

靴底の極端な減りも骨盤矯正で解消!

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2016/06/25

こんにちは!

なごみ整骨院グループの瀬上です。

 

患者様から「右足の外側の靴底が極端に減りやすいのですが」などと質問されることがあります。

靴底の減り方には、いくつかタイプがありまして

 

1、靴底の外側が極端に減るkutsuzoko

⇒「O脚」や「がに股」の傾向があります。脚の外側に重心がかかった状態にあり、太ももが張りやすい状態です。

2、靴底の内側が極端に減る

⇒「X脚」や「内股」の傾向があります。偏平足の人も多いようです。

3、靴底のつま先が極端に減る

⇒常につま先に体重がかかっている状態の為、外反母趾になりやすい傾向があります。

4、靴底のかかとが極端に減る

⇒「腹筋」と「背筋」の衰えの心配あり。

5、靴底の左右片方が極端に減る

⇒「骨盤」や「背骨」が歪んでいる可能性が大きいです。身体のバランスがとても悪い状態にあります。

 

などです。

 

 

靴底の減りには歩き方にも原因が!

 

また、靴底の極端な減りは歩き方にも問題があります。

大半の人は和式歩行と言って

 

こういった状態は、身体のベースである「骨盤」の歪みが原因であることが大半です。

 

 

tadashiiarukikataなごみ整骨院グループでは、「筋骨バランス矯正法」により、骨盤の歪みを解消して、身体のバランス・姿勢を良い状態にします。姿勢が整えば、歩き方も正しくなり、靴底の減り方にも変化が現れると思います。

 

ちなみに、理想的な靴底の減り方としては、「かかとの左右の部分」「親指の付け根の部分」が均等に減る状態です。この状態は、良い歩き方をしていると考えられ、さらには身体全体のバランスも良い状態に近いと考えられます。

 

 

見た目が綺麗な姿勢作り、美しい身体づくり、皆さま取り組んでいきましょう!

 

 

👉骨盤矯正の詳細ページはこちら

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院