腰痛で使用する、ベルトの効果について|名古屋市東区砂田橋の接骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

腰痛で使用する、ベルトの効果について

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/07/28

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院の

斯波です。こんにちは!

今回は腰痛について

ご紹介します。

 

 

 

 

皆さんは、腰痛ベルトを正しく使えていますか?

サポーターを使うことで腰痛を改善してくれそうな

イメージをお持ちかもしれませんが

詳しい効果や正しい選び方について

知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は

腰痛ベルトの効果について解説します。

 

 

 

腰痛ベルトが腰痛を緩和する仕組みとは?

 

腰椎は、上半身を支えるため

大きな負担がかかります。

この負担等が原因となって生じるのが

いわゆる腰痛です。

 

腰椎の負担をできるだけ少なくする方法に

腹圧上昇」と「姿勢制御」があります。

 

腹圧とはお腹の中にかかる圧力のことで

本来はお腹から背中を覆っている筋肉の働きにより

圧迫されています。

 

この腹圧が上昇するとお腹側から

腰椎が支えられて安定します。

 

結果として、腰椎にかかる負担が軽くなり腰痛の

予防や改善につながるのです。

サポーターを装着するとお腹を圧迫してくれるため

筋肉の代わりに腹圧を高めることができます。

 

 

また、腰椎は一直線ではなくお腹側が

出っ張るようにS字状にカーブしています。

この「適度な反り」により上半身を

安定させているのですが、過剰に反ってしまうと

腰痛の原因となります。

 

背中側に支柱の入ったサポーターは、腰椎の動きを

制御してくれる機能が備わっています。

腰部を固定することで、適度に腰椎が反った姿勢を

制御し、腰に無理な負担がかからないように

してくれる結果、腰痛の緩和につながります。

 

 

 

 

 

では腰痛ベルトをつけるタイミングはいつなのか?

急性期には装着が勧められることが多いです

なぜなら、腰痛の治療が遅れて痛みを

放置してしまうと

 

痛みのために動かない・筋力が落ちる

腰へかかる負担が強くなる

さらに痛みがひどくなる

 

という負のスパイラルに陥ってしまい

治りが遅くなる可能性があります。

 

 

逆に腰痛があったとしても、動ける範囲でできるだけ

早く体を動かすことで、筋力の低下を防いだり

腰痛改善に必要な筋肉をつけたりすることが

できると言われています。

 

そのため、サポーターを使用して

早い段階で痛みを緩和して可能な限り動くことは

腰痛を長引かせないためにも大切です。

 

 

 

では実際に改善していくために

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸

接骨院砂田橋院メニュー内容

こちらでご紹介しております。

気になる方はクリックをお願い致します!

 

腰痛の詳細はこちら!

 

 

 

 

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院では

皆様の健康のため、お身体の施術だけでなく

栄養指導、運動指導をおこっています!

健康なお身体になりたい方は

ぜひお問い合わせください!

 

👇ご予約される方はこちらのページをチェック👇

 

名古屋市東区砂田橋の

なごみ鍼灸接骨院砂田橋院のホームページ

なごみ整骨院グループのトップページ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院