ぎっくり腰になった時、応急処置の仕方|名古屋市東区砂田橋の接骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

ぎっくり腰になった時、応急処置の仕方

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/08/11

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼

灸接骨院砂田橋院の

斯波です。こんにちは!

今回は、ぎっくり腰について

お伝えします。

 

 

 

 

 

 

ぎっくり腰になったとき原則として

 

・動かない(揺らす・ねじる・反らすなど)

・直後は冷やし、落ち着いたら温める

・横になる

 

と上記のことを意識しましょう。

 

 

ぎっくり腰は、広背筋の筋肉や筋膜の損傷なので

ぎくっときたらまずは動かないことが鉄則です。

筋肉や筋膜に傷がついた状態なので、揺らしたり

ねじったりしないようにしましょう。

動けば損傷部分が刺激されて痛みが強くなります

 

 

横になれるのであれば、手で腰を支えながら

しゃがみます。

その状態からややくの字のような姿勢で

横になりましょう。

 

また強烈な痛みを感じると、体は自律神経の働きで

脱力してしまいます。

急に倒れてしまわないように、横になれない場合は

壁に寄りかかるなど、その場でできるだけ

安静な姿勢をとりましょう。

炎症がひどい場合は2~3日は冷やすと緩和します

 

 

横になっていて体を起こす際にも注意が必要です。

いつものように腰から起き上がると、痛みがぶり返して

しまうかもしれないからです。 

いったん体を横に向け、手を床に当て上半身を

支えるようにゆっくりと起こします。

いつもよりも時間をかけて

ゆっくり起きましょう。

 

損傷が修復するまで1カ月は安静にすべきですが

仕事や育児で動かなければならない場合は

コルセットでしっかりと固定するといいでしょう。

 

 

腰まわりの痛みだけでなく、脚のしびれを

感じる場合は椎間板ヘルニアの可能性も

あるので受診をしましょう。

              

 

ぎっくり腰は命に関わる病気ではありませんが

一度なってしまうとしばらく激痛と

お付き合いすることになります。

 

毎日のお仕事や家事を腰痛で滞らせないためにも

こまめに骨格を矯正したり筋肉負荷を

ほぐしたりしてあげて、予防に努めましょう。

            

              

では、実際に改善していくために

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院

メニュー内容をこちらでご紹介しております。

気になる方はクリックをお願い致します!

 

ぎっくり腰の詳細はこちら!

 

 

 

 

 

 

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院では

皆様の健康のため、お身体の施術だけでなく

栄養指導、運動指導をおこっています!

健康なお身体になりたい方は

ぜひお問い合わせください!

 

👇ご予約される方はこちらのページをチェック👇

 

名古屋市東区砂田橋の

なごみ鍼灸接骨院砂田橋院のホームページ

なごみ整骨院グループのトップページ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院