肩こりによる目の疲れについて|名古屋市昭和区吹上駅近くの接骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

肩こりによる目の疲れについて

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/09/17

名古屋市昭和区吹上駅近くのなごみ鍼灸接骨院吹上院の髙栁です。

こんにちは!

なごみ整骨院グループには、肩こり、腰痛、スポーツ疾患、美容面のお悩みなど様々な方がご来院されます。

これらのお悩みと併発して「実は眼精疲労にも悩んでいる」という方は非常に多くいらっしゃいます。

生活習慣によって眼精疲労になりやすい人とそうでない人と分かれます。

それらを知ることで眼精疲労の改善と予防をしましょう。

 

眼精疲労になる原因

①PC作業の合間に休憩をとらない

目は、何かを見る際にカメラのレンズのような働きをする水晶体を調節することで、対象物にピントを合わせています。

この水晶体を調節するのが毛様体と呼ばれる目の筋肉で、この毛様体の筋肉が水晶体を引っ張ったり緩めたりすることで近くにピントを合わせたり遠くにピントを合わせたりする事ができます。

長時間のパソコン作業のように近くの物をじっと見るような場合、毛様体の筋肉はずっと緊張していることになり、結果として筋肉疲労を起こしてしまい目が疲れてしまうのです。

時々パソコンの画面から目を離して遠くのものを見るようにすると目の筋肉は緩みます。

また、目をあたためることや目の周りをマッサージすることで疲れた目の筋肉が緩み循環がよくなるので楽になります。

さらに、長時間同じ姿勢でパソコン作業をしていると顔がパソコン画面に近づいて、姿勢が悪くなります。それにより、首や肩こりになり血流が悪くなり目の疲れにも影響してきます。

 

②ストレスが溜まっている

実は、ストレスが原因の眼精疲労も多くなっています。

仕事や勉強でのストレスで常に緊張状態が続き交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスが崩れて起こることもあります。

日常的にストレスにさらされていると、常に交感神経が過敏に働いてしまい、自律神経のバランスが崩れてしまい、そのような状態において、ある1点だけを凝視するようなパソコン作業を連続して行い、毛様体の筋肉をずっと緊張させると交感神経の働きはさらに強くなり眼精疲労が引き起こされてしまうのです。

普段から自律神経の乱れがあるのはストレスだけでなく姿勢も関係する事があります。

猫背など不良姿勢で背骨が曲がり背骨を通る自律神経も乱れてしまうのです。

眼精疲労になる原因を理解して早めに対処することが大事です。

 

名古屋昭和区曙町のなごみ鍼灸接骨院吹上院では・・・

肩こりや目の疲れを改善するために、鍼灸治療や超音波治療などを用いて、筋肉の血流を良くして改善をしていきます。さらに、筋骨バランス矯正法で、根本的に身体の歪みや姿勢を改善して、肩こりになりにくい、目が疲れにくい身体を作っていきます。

 

なごみ整骨院グループの詳細はこちら

名古屋市昭和区吹上駅近くのなごみ鍼灸接骨院吹上院の詳細はこちら

肩こりについての詳細はこちら

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院