ぎっくり腰の痛みと対処法は何があるか|名古屋市東区砂田橋の接骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

ぎっくり腰の痛みと対処法は何があるか

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/09/15

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院の

斯波です。こんにちは!        

今回は、ぎっくり腰の対処法について       

お伝えします。

 

 

 

 

ぎっくり腰は正式には急性腰痛と言います。

 

多くは重い物を持ち上げたときに発症しますが

お辞儀をした時や立ち上がろうとした時に

発症するケースもあります。

 

また、ぎっくり腰は2~3日で痛みが治まるため

そのままにしてしまう方も中にはいますが

ぎっくり腰だと思っていたら椎間板ヘルニア

圧迫骨折だったという場合も多くあるため

発症した際は必ず整形外科へ受診してください。

 

 

 

 

では、ぎっくり腰はなぜ痛いのでしょうか?

それは、腰を支える靭帯や筋肉に急に負担がかかり

断裂を起こして神経を刺激するからです。

いわば強い捻挫を起こした時と同じような状態です。

 

そのほか、腰の中央にある椎骨や

その周りの関節包椎間板などが傷つき

神経を圧迫することからも痛みが起こります。

 

 

ぎっくり腰を起こしたすぐは

痛みによって立ち上がることはもちろん

動くことすら難しい場合がほとんどです。

 

そういった時は

横向きに寝て腰を丸める姿勢を取る

 

膝の下にクッションを入れて

 腰と膝を軽く曲げて寝る

 

などの姿勢を取ることで少し楽になります。

 

 

激しい痛みは2~3日すると軽減していきます。

それまでの間は自宅で安静にし

痛みが治まってきたら病院に行くようにしましょう。

 

自宅で安静にしている間はマッサージなどせず

湿布薬で痛みを和らげるようにします。

 

なぜなら、自己流で患部のマッサージをすると

悪化につながる可能性があるからです

 

また、ぎっくり腰は靭帯や筋肉の断裂による

炎症を起こしているケースがほとんどのため

消炎作用がある冷湿布を貼り

お風呂などではあまり温めないよう

気を付けましょう。

 

 

ぎっくり腰になったらとにかく

安静に…といったイメージがありますが

実は痛みが落ち着いたら早めに動きはじめることで

回復が早まることが分かっています。

 

日常の家事を再開することも効果的です。

上述したようにリハビリテーション専門職から

教えてもらったストレッチや体操を

行うことは治癒を早めるとともに

ぎっくり腰の再発防止にも繋がります。

 

 

名古屋のなごみ整骨院グループにお任せください

 

 

実際にぎっくり腰を改善していくために

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院

メニュー内容をこちらでご紹介しております。

気になる方はクリックをお願い致します!

            

ぎっくり腰の詳細はこちら!

           

 

 

 

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院では

皆様の健康のため、お身体の施術だけでなく

栄養指導、運動指導をおこっています!

健康なお身体になりたい方は

ぜひお問い合わせください!

                     

👇ご予約される方はこちらのページをチェック👇

 

名古屋市東区砂田橋の

なごみ鍼灸接骨院砂田橋院のホームページ

なごみ整骨院グループのトップページ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院