ぎっくり腰の痛みの原因と経過について|名古屋市東区砂田橋の接骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

ぎっくり腰の痛みの原因と経過について

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/09/27

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院の

斯波です。こんにちは!        

今回は、ぎっくり腰について       

お伝えします。

 

 

 

 

ぎっくり腰は急に起こった強い腰の痛みを指す

一般的に用いられている名称で

病名や診断名ではありません。

 

何か物を持ち上げようとしたとき

腰をねじるなどの動作をしたときなどに

起こることが多いですが、朝起きた直後や

何もしないで起こることもあります。

 

痛みの原因はさまざまで、腰の中の動く部分や

軟骨に許容以上の力がかかってけがしたような状態

腰を支える筋肉やすじなどの

柔らかい組織の損傷などが多いと考えられます。

 

 

 

ぎっくり腰にはっきりとした原因はなく

さまざまな要因が重なって起こると考えられます。

 

季節要因はないと考えられていますが

12月~1月頃の寒くなりはじめの時期

年末年始の多忙な時期に、冷え疲労

暴飲暴食睡眠不足などが重なると

起こりやすい印象があります。

 

ぎっくり腰は動けないほどの激しい痛みに

襲われますが、痛みが続く期間は比較的

短めとなります。

 

通常の場合、1ヶ月~1ヵ月半で症状は改善されます。

 

しかし、回復途中で腰に負担を与えたり

しい対処をしていないと、症状が悪化し

腰痛が慢性化してしまうので注意しましょう。

 

 

 

ぎっくり腰の痛みの経過として

以下のような流れになります。

※1か月以内に完治する場合の例になります

 

発症直後

激しい痛みに襲われます。

動くことや寝返りも困難となります。

 

2~3日後

直後より痛みがかなりやわらぎ

針を刺されたような痛みはまだある状態ですが

ゆっくり歩けるようになります。

 

1週間後

ほとんど痛みは引きますが、無理をすると

痛みが戻る可能性があるので

まだ注意が必要です。

この頃から仕事も普段通り出来るようにはなります。

 

1か月後

発症前と変わらない生活が送れるようになります。

最近は、痛みが緩和してからも安静にすることが

かえって逆効果であるといわれています。

そのため、痛みが和らいできた3日後あたりからは

無理をしない程度に普段の生活を送りましょう。

 

 

 

 

 

実際にぎっくり腰を改善していくために

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院

メニュー内容をこちらでご紹介しております。

気になる方はクリックをお願い致します!

            

ぎっくり腰の詳細はこちら!

           

名古屋市東区砂田橋のなごみ鍼灸接骨院砂田橋院では

皆様の健康のため、お身体の施術だけでなく

栄養指導、運動指導をおこっています!

健康なお身体になりたい方は

ぜひお問い合わせください!

                     

👇ご予約される方はこちらのページをチェック👇

 

名古屋市東区砂田橋の

なごみ鍼灸接骨院砂田橋院のホームページ

なごみ整骨院グループのトップページ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院