ぎっくり腰の対処にはコレをしよう!!|千種区池下の接骨院・整骨院

代表施術者:厚生労働省認可 柔道整復師 宮原雅彦

交通事故後の治療・リハビリも自信があります

2,000年創業の豊富な施術実績!名古屋市に5院展開!

ぎっくり腰の対処にはコレをしよう!!

グーグルマップ口コミ1位 エキテン口コミ1位

・目次

2021/09/22

千種区池下にあります

なごみ整骨院グループの

なごみ鍼灸接骨院・池下院の太田です。

こんにちは!

 

今回は

ぎっくり腰の対処についてです。

 

季節の変わり目は

ぎっくり腰の限らず急性の痛み

捻挫、寝違え、ぎっくり背中などが

急増します。

 

その中でも特に皆さんを

困らせているのがぎっくり腰です。

 

ぎっくり腰の対処法は様々あり

状態次第で対処法も変わります。

 

しかし

腰に激痛が走る中、自分のぎっくり腰は

どんなものなのか…なんて考えにくいですよね。

 

なので

ぎっくり腰になってしまったときに

これだけはやってほしい!

というのを今回はご紹介していきます。

 

千種区池下にあります

なごみ整骨院グループの

なごみ鍼灸接骨院・池下院が

お話していきます。

 

まずやってほしいことは3つあります。

 

・患部を冷やす➙歩く

・痛み止めを飲む

・専門機関への受診

です。

 

一つずつご説明していきます。

患部を冷やすのはよく聞く対処法ですね。

患部を冷やす理由は痛みを緩和と冷えにより

痛みを感じにくくするためです。

 

ぎっくり腰は3日間は

痛みが強い時期ですので

どんな姿勢でいても痛みが出てきます。

しかし全く動かない状態でいると

更に悪化するので、

 

患部を冷やし痛みを緩和して

なるべく歩くと回復に向かいます。

普通に歩くのはかなり辛いので

歩くの時に壁に手をついたり

椅子を持ったりしても大丈夫です。

 

痛み止めを飲むのも

上記の理由のためです。

 

ぎっくり腰になった時に

患部を冷やしつつ服用すると

より痛みが緩和されるでしょう。

 

そして

いちばん大事なのが

専門機関への受診です。

 

ぎっくり腰の痛みは

通常3日間で収まりますが、

その後のケアが疎かになると

すぐに再発します。

 

理想は

患部を冷やしたり痛み止めの服用等で

ある程度動けるようになった時に

受診するのが良いでしょう。

 

痛みが強いうちに専門機関での

治療が行えるとより回復が見込めるのと

再発の予防にもなります。

 

身体も消耗品ですので

怪我をするたびに回復が遅くなります。

 

再発を繰り返すことで

症状がどんどん悪化します。

 

千種区池下にあります

なごみ整骨院グループの

なごみ鍼灸接骨院・池下院は

急性期のぎっくり腰にも対応しており

再発予防の施術もご用意しております。

 

もういちどお伝えしますが

季節の変わり目はぎっくり腰が増加します!

 

現時点で腰に違和感がある方、

ぎっくり腰を繰り返している方

常に腰がピキッと痛みむ方は

要注意です!

 

ぎっくり腰を改善したい方、

再発をしたくない方は

千種区池下にあります、なごみ整骨院グループの

なごみ鍼灸接骨院・池下院に

ぜひ一度お問い合わせください。

052-753-7063(当日予約受付中)

 

なごみ整骨院グループのHPはこちら

 

なごみ鍼灸接骨院池下院の詳細はこちら

 

ぎっくり腰施術の詳細はこちら

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

治療メニューはこちら

料金はこちら

各院へのアクセスはこちら

このページをチェックした人は、こんなページもチェックしています。

スタッフブログ一覧へ戻る

なごみ整骨院のグループ院

各院へのアクセス

lineで簡単予約

人財募集

施術メニュー

美容鍼灸

交通事故治療

対応症状

交通事故による怪我・リハビリ

交通事故のケース別対応

交通事故の保険・賠償

なごみ最新情報

グループ院